まだまだ残暑、『紫外線』にご用心。

みなさん、こんにちは。
暑い日が続いていますが、ご体調はいかがですか。
全国的な服の流行が「ノースリーブ」&「ガウチョパンツ」ということもあり、
地肌をさらすような残暑がまだまだ続きそうですね。

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない『赤外線』、『紫外線』とがあります。紫外線は、その中で最も波長の短い光といえます。波長によって(UVA・UVB・UVC)の種類にわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうち「UVA」と「UVB」と言われています。

まず「UVA」からお話しますと、太陽から届く紫外線の約90%を占め、肌の奥の「真皮」にまで侵入していきます。これにより、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になり、肌へのダメージを蓄積していきます。また、すでに出来ているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせるそうです・・・本当に困りますね。
次に「UVB」ですが、こちらは太陽から届く紫外線の約10%と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)になったり、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こすそうです。
さらに、この「UVB」は、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞や、DNA自体を傷つけるなど、非常に怖い存在です。

弊社ジェイカニシェの商品を取り扱っていただいている

美容室の【ここち】さんにお話を伺いました。

「紫外線は長年にわたって浴びることで「しみ」や「シワ」の元になります。また、弾力の低下、肌の老化を促します。さらには「皮膚がん」を誘発する原因になるそうですので、適切なケアが必要なのです。だから、これからもお客様にも「紫外線」には、十分に注意してもらいたいものです。」と教えて頂きました。・・・本当にその通りです。近年、オゾン層の破壊から紫外線量も増加しているようなので、益々気をつけていきたいですね。

 

お話をしてくださった「ここち」さんは、まるで「お友達のお家に来たような、心地いい時間を過ごしてもらいたい」という思いを持たれている美容室です。店長さんは「お客様一人ひとりに対して、丁寧な施術をしたい!」とおっしゃっていて、温かい方です。京都府南丹市園部でお店を展開されていますので「お近くの方」や「髪にこだわりのある方」は、ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

「ここち」さんのWEBサイトはコチラ
http://www13.plala.or.jp/cocochihair/

 

弊社ジェイカニシェの商品ページはコチラ
https://www.jcaniche.com/goods/index.php?category_id=15

カテゴリー: Diary   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。